診療受付はこちらから
井上内科クリニック 予約TEL:050-5533-3170
クリニクスでオンライン診療予約

一宮市開明の内科,外科,小児科,消化器内科,皮膚科,アレルギー科,在宅医療 医療法人 翔樹会 井上内科クリニック

ブログ

一宮ハート・ギュッと・ネット

井上内科クリニック居宅介護支援事業所

地域活動

行動計画

求人情報

個人情報の取り扱いについて

HOME»  ブログ»  法人・クリニック

法人・クリニック

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

出前講座『教えて在宅療養』で講演します。

~ 安心して療養していただくために ~
令和元年度出前講座「教えて在宅療養」


テーマ:食べるを支える為の知識と支援
日時 :平成31年7月31日(水)14:00~15:00
場所 :奥公民館
 
●プログラム

  1. 歯科医師の立場から
柴田小児歯科
院長             柴田 宗則 氏
 
  1. 訪問看護師の立場から
訪問看護ステーション ほほえみ
訪問看護認定看護師/所長             武仲 真知子 氏


(地域連携室 山﨑)
 
 

2019-06-12 16:23:42

コメント(0)

折りたたむ

リハビリチームのご紹介

地域の皆様、こんにちは!!

井上内科クリニック&ほほえみグループ
リハビリチームの松田です。

 

今回は、ほほえみグループの
『リハビリチーム』のご紹介です^^

 

所属するメンバーは、
・療法士(理学・作業・言語)
・柔道整復師
・鍼灸師
・マッサージ師など 様々な職種が所属しており、
普段は法人内のデイケアやデイサービスで施術しています。

チーム力強化のために定期的なカンファレンスや研修会を開催しています。

 

トレーニングルームで意見交換 


 

汗を流しながらの実技演習


 

私たちリハビリチームは、身体づくりの専門家として、

日常の中で、
『いつも通り、座る』
『いつも通り、歩く』

『笑顔をあきらめない』をモットーに、
皆様の暮らしを支えていきます。

 

そして・・・

地域の皆様が住み慣れた環境で、
いつまでも変わらない生活が送れるよう支援します!!


 

デイケアほほえみ
担当:松田 裕之

2019-03-23 09:52:51

コメント(0)

折りたたむ

『まちなかケアマネ会』で講演をしました。

日  時:平成31年3月19日(火)13:30~15:00

場  所:一宮市 医師会館 2F

参加者:24名(ケアマネジャー、訪問看護師、退院調整看護師、MSW、包括)

テーマ:       『在宅医療について』

講 師:         医師 安田 秀明 氏


        

安田先生 初講演!!

「緊張してます。」と言いながらも余裕の表情です? 流石!!

一宮市内のケアマネジャー、訪問看護師、退院調整看護師、MSWさんが参加されていました。

在宅医療でケアマネさんに大切なこと(して欲しい事)や、在宅で関わったケアマネさんと症例発表をしました。


(連携室 山﨑)


 

2019-03-19 15:36:57

コメント(0)

折りたたむ

『第7回 在宅医療ケア勉強会』 を開催しました。

日 時:平成31年3月15日(金) 17:15~18:15

場 所:井上内科クリニック内 デイケアほほえみ

テーマ:       『在宅栄養』
       ~やっぱり食べることが好き~

      講師  医  師     草田 典子 氏
          管理栄養士     杉山 宣枝 氏
          ケアマネジャー   西村 密代 氏


参加者:26名 
 (ケアマネ12人、訪問看護師5人、デイサービス2人、ショートステイ2人、グループホーム2人、その他2人) 
 近隣の事業所の方々も見えました。



「食事はちゃんとたべてるんだけど、何だか痩せてきた?」

「体力が落ちてきた?」

という声を耳にすることがあります。

どんなところに気を付けて、多職種で関われるのか?

今回は、医師とケアマネと管理栄養士とデイサービスで連携した症例を通して、お話をしました。

(山崎)

2019-03-16 16:48:00

コメント(0)

折りたたむ

当院・非常勤医師・横田先生の記事が紹介されました

3月12日(火)の中日新聞にて
当院・非常勤医師の横田先生の記事が紹介されました。



ご高齢になると
皮膚のトラブルが非常に多くなります。

横田先生のしっかりとした往診で
在宅生活の方や施設入所の方々も
安心して生活していただいています。


医療法人翔樹会
施設マネージャー 豊田

2019-03-15 09:02:51

コメント(0)

折りたたむ

一宮市の出前講座『教えて在宅療養』で講演しました。

日 時:平成31年2月21日(木)18:00~19:00

場 所:ニチイケアセンター一宮

テーマ:『在宅医療について』

参加者:20名(ケアマネジャー、介護士)






参加者の声
・最期をどのように迎えたいかを早い段階から話せるような関わりがもてるといいなと思いました。
・食べることの重要性が良く分かりました。
・介護職として食事介助に必要な視点などを、もっと勉強したいです。
・食事前の嚥下体操の重要性が分かった。しっかり行いたいと思った。


(連携室:山崎)








 

2019-02-23 17:37:00

コメント(0)

折りたたむ

2018年度 法人研修会

今回は、10月23日(火)に開催しました、
『法人研修会』について紹介させて頂きます。



講師:株式会社 安全な介護  山田 滋 先生
内容:第一部 『高齢者施設のリスクマネジメント』
   第二部 『事故例から学ぶ原因分析と再発防止策』
   第三部 『事例から学ぶ デイサービスの送迎事故防止策』
時間:10時~18時
会場:尾西グリーンプラザ(第一部・二部)、デイケアほほえみ(第三部)


忙しい業務の中、大変多くのスタッフに参加してもらえました。
事故に対する考え方や原因分析の方法
より具体的で有効な再発防止策の考え方など
数多くの事例を交えて説明いただけました。

直ぐにでも実践できる事を多く教えて頂きましたので、
事業所として、法人として積極的に取り入れていきたいと思います。

今後も、山田先生の研修会を
定期的に開催できればと思います。


医療法人翔樹会
施設マネージャー 豊田 啓

2018-10-27 11:11:55

コメント(0)

折りたたむ

一宮市の出前講座『教えて在宅療養』で講演しました。

日時:平成30年10月4日(木)10:00~11:00
会場:丹陽老人いこいの家

テーマ 『自宅でリハビリを受けたいとき』
     訪問看護師の立場から

講師  訪問看護ステーションほほえみ 
     訪問看護認定看護師 所長 武仲 真知子 氏 

    
   

講演の後に、参加者の方とグループトークをしました。
「今日、参加の皆さんは5本指の靴下を履いている方が多いですね。
 指がしっかり開くことは転倒予防の体操にもなるんですよ!!」


自宅で出来る簡単体操や訪問看護師さんはどんなことが出来るのかをお話して下さいました。

(連携室・山﨑)

2018-10-08 16:46:00

コメント(0)

折りたたむ

『尾張旭市 介護支援専門員研修会』で講演しました。

2018年度 愛知県市町村振興協会主催
【尾張旭市 介護支援専門員研修会】
日  時 2018年7月17日(火)13:30~15:20
会  場 尾張旭市役所 講堂1
参加者  ケアマネジャー 40名
テーマ 『介護支援専門員として知っておきたい看取り期
(エンドオブライフ・ケア)の実際』
講  師  ほほえみ訪問看護ステーション  所長      認定看護師  武仲 真知子 氏
 

 

看取りを取り巻く状況や、看取り期のケアマネジメントのポイント、看取り期の症状と経過による
多職種連携のポイントを、症例をまじえてお話をしました。
武仲所長「とても緊張したけど、頑張りました。」・・・・・と感想でした。

(連携室 山﨑)



 

2018-07-20 10:10:00

コメント(0)

折りたたむ

『第6回 在宅医療ケア勉強会』 を開催しました。

第6回在宅医療ケア勉強会アンケート報告
 
日 時:H30年6月18日(月)17:15~18:15
場 所:デイケアほほえみ フロアー内
参加者:27人(ケアマネ22人、訪問看護師3人、管理栄養士1人、介護職1人)
 
テーマ:『触ってみよう!注射薬』
   講師 井上内科クリニック   医師 草田 典子 先生
 
内 容:インシュリン注射を実際に打つ注射体験と血糖測定を行いました。
ケアマネさんにもできる注射薬のトラブル対応や低血糖の対応について
お話しがありました。



●参加者の感想
・インスリン注射の事を、身近に体験出来て良かったです。
・実物に触れて良い勉強会になりました。いろいろな注意点があり参考になりました。
・器具を操作する事は初めてだったので、大変貴重な経験でした。
・ケアマネから在宅生活の環境をチェックしていき、トラブルの元など自分でも
解決できる事が有るのだと学ぶことが出来ました。
・インスリン注射をされている方に、どういうことを注意したらよいか解らなかったので、
実際に体験して良く解りました。利用者さんにアドバイス出来るようになりたいです。
・ミリオペンの使い方など凄く勉強になりました。
・ケアマネに必要な医療知識を向上させたいと思っています。また、研修に参加したいです。
・実際にやってみると、血糖を測ることも怖くて、利用者さんの気持ちを体感出来ました。
・インスリンを自己注射している方は、本人任せになってしまっていたが、ケアマネでも
確認できるポイントが沢山あったので、一度確認していきたいです。
・ケアマネとして気を付ける事が解かり良かったです。
次回、インスリン自己注射をしている利用者を訪問した時に聞いてみようと思います。
実際に物を触りながら説明をされたので良く解りました。
・ケアマネとして、操作や保管方法の確認をして利用者さんが正しく使えるように、
伝えていきたいです。
・高齢者のみ世帯や独居高齢者、認知症の方に、血糖管理が出来るのかな・・・?
訪問診療や訪問看護が必要だと思いました。
・思ったより簡単と思いましたが、高齢者の方にとっては毎日ともなると大変なのかな?
と思いました。
・血糖測定は大変だと思いました。利用者様が自分で正確に出来ているのか疑問になりました。
訪問看護を利用した方が良いと思いました。
・在宅だと血糖測定やインスリンの打つ回数や時間帯を調整して、いろいろな介護サービス
(多職種)と連携することが重要だと思いました。
・楽しく勉強できて、また、医療の勉強をお願いしたいです。
・吸引が必要になった時のことを勉強したいです。
・IVHの処理など、家庭で介護者が行医療処理の体験もしてみたいです。


◆次回は、9月頃になります。   

(連携室 山﨑)

2018-06-22 16:21:00

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
Top